armada-styleM-3.2 P-4.1 電子トリートメント

M3
M3

 

  

電子トリートメント


電子移動の原理で、髪の内部に水分とミネラルを補給し、髪を構成する

たんぱく質を健やかな状態へと導きます。

電子トリートメントをすれば、『潤いをもどす』&『傷みを防ぐ』
サラサラした手触りが持続!!

 

髪の大部分が水分とタンパク質でできています。髪が傷むと水分とタンパク質が少なくなり、キシミやパサつきを感じるようになります。従来のトリートメ トは少なくなった水分やタンパク質の代わりに髪に化学物質を埋め込み、髪の表面をシリコンなどで、コーティングしてツヤを出します。しかし、コーティング剤が剥がれてしまうと、また傷んだ髪に戻ってしまいます。電子トリートメントは、一時的に傷んだ部分をコーティングするのではなく、M-3.2を両手でよく揉み込んで浸透させることによって、電子と水を補い髪の毛を太くし、タンパク質を正常に戻します。パーマやカラーと同時に行うと、傷みを防ぐばかりでなく、ウェーブの持ちやカラーの退色を防ぐ効果もあります。

リートメントとは?

 

 

 

 

 

 

電子トリートメントはどれくらい持続するのか?

 

アミノ酸や油分やシリコンを塗る、従来のトリートメントとは違い、日数がつと、それが剥がれて、効果がなくなるというものではありません。
また、液体セラミックのようなものを塗布して、上から高温アイロンを当て「ほら、ツヤが出ました。」というものでもありません。
ファンデーションが、肌を改善するものではないのと同じです。髪は外気に水分を放出したり、逆に取り込んだりすることができなくなり、ニスを塗った木材と同じようになってしまいます。
あれは、髪を傷めてしまいます。

ですから、カラーにしても、そもそも傷んでいないので効果がなくなる、手触りが悪くなるという事はありません。
しかし、水分は乾燥した外気に触れますと放出されますし、その他紫外線、ドライヤーの熱、水道水の塩素など、髪に悪い影響を及ぼす原因がありますから、時々水分と還元イオンを補充してやる必要があります。ホームケア用の店販品を使って頂けると軽くスプレーするだけで、サロンの時のツヤが持続し本来のツヤが戻ってきますのでぜひ、ご使用をオススメ致します。

 

 

 

 

 

 

 

アルマダスタイルの使い方
ヘアケア
シャンプーの前やお風呂上り・日中パサつきを感じたときに、髪にたっぷりスプレー。痛んだ髪に、水分とツヤをもたらします。
ブローローション
ドライヤーなどのブローの前に、たっぷり髪と頭皮にスプレー。頭の内部までたっぷり水分を与え、ドライヤーの熱や空気による酸化から髪を守ります。やさしい手触りと、つややかな髪に。
スキンケア
化粧水や美容液の前に、M‐3.2を肌にスプレー。皮脂・ベタつきを落ちやすくし、つっぱった肌に潤いを与え、キメが整ったなめらかな肌に導きます。
簡単フェイスパック
洗顔後、M‐3.2をティッシュやフェイスマスクに含ませて、お顔に貼るだけ!目安は3~5分。必要に応じて乳液や美容液で保湿してください。
髪のダメージ、悩み解決します!
札幌中央区美容室roon 代表、大内roomのブログ
DO-Sシャンプー&トリートメント   場末のパーマ屋の美容師日記
DO-Sシャンプー&トリートメント 場末のパーマ屋の美容師日記