Hena   ヘナ

 

 

そもそもヘナとはなんですの???

ヘナはインドからモロッコにかけて自生しているただの植物です、
その葉を乾燥させて粉末にしたものをヘナ、ヘンナと呼びまーす! (超簡単に言ってますー)

詳しくは.....

 

 

エジプト、インド、北アフリカ、イランなどの乾燥した水はけの良い丘陵に育つ、ミソハギ科の高さ3メートルから6メートルほどの常緑低木。白またはピンク系の花、長さ2センチ幅1センチほどの楕円形の葉をつける。

葉を乾燥させて粉にしたものを水などで溶いたものが、古くから髪・眉・爪・手足などの染色やペイントに使用されている。染料となるのはローソンという赤色(オレンジ色)色素で、そのローソンがタンパク質に絡み付く習性を持っているため、人間の頭髪や皮膚に色が付く。その歴史は、記録に残っている限りでは先史時代にまで遡り、クレオパトラもヘンナで爪などを染め、現代で言うマニキュア代わりとして使用していたという。

ヨーロッパではトリートメント目的でペルシャ産のヘンナが使われており、日本でも近年白髪染めとトリートメント目的でインド産のヘンナが使用されている。一般的にペルシャ産のヘンナの方が質が良いとされている。

 

  • Wikipediaより

 

 

 

白髪率100%だとこんな感じです!

 

安心してください!

 

これがこうなりますー

 

こちらはインディゴをヘナのあとにした直後です。

 

ここから2,3日でさらに落ち着きます。

 

 

 

色じゃないのよ、ヘナって 

 

 

 

髪のダメージ、悩み解決します!
札幌中央区美容室roon 代表、大内roomのブログ
DO-Sシャンプー&トリートメント   場末のパーマ屋の美容師日記
DO-Sシャンプー&トリートメント 場末のパーマ屋の美容師日記